就活グループホーム求人 > 福島県で就活!病院求人 > 会津若松市で就活!病院求人 > 竹田綜合病院/耳鼻咽喉科・呼吸器内科・呼吸器外科・内科受付

待遇や給料の良いグループホーム求人

    今がチャンスです!

    個人でハローワークや市町村の求職案内で就職・転職先を探すより、

    効率よく良い条件で就職・転職できる情報です!
    カイゴジョブ申込み

こんな不安や悩みはありませんか?

    【就職・転職活動中】

    ・平日にグループホームの面接時間が確保できず、活動が長引いています…。

    ・半年、グループホームの転職活動をしても転職先が決まりません…。

    ・どのグループホームも同じに見えて、応募先が選べません…。

    ・スケジュール管理がうまくできず、複数のグループホームの面接が重なってしまいました。

    ・退職交渉がうまくいかず、内定先のグループホームに伝えた入社日に間に合わなそうで…

    ・グループホームの転職活動中であることが上司にばれてしまい…。

    ・内定をもらいましたが、もっとよいグループホームがありそうな気がして…。


    【就職・転職後】

    ・転職しましたが、やっぱり合いません…。

    ・あこがれのグループホームに就職しましたが、想像以上につらいです…。

    ・転職後すぐに、採用職種以外の仕事も担当することになってしまいました…

    ・以前のグループホームの方がよく思えてきて、戻りたいです…。

    ・早く転職先を決めたいあまり、希望よりも低い給与提示を承諾し…。

    ・転職成功かと思いきや、また新たな不安が生まれて…。

    ・条件はOK!しかし社風になじめなくて…。

    ・たくさん情報を集めて入社したつもりでしたが、やっぱり合わなくて…。

    ・雇用条件を確認せず、内定に飛びついてしまったんです…。

    ※個人で就活した時の悩みや失敗例です!

    こんな失敗をしない為には、





グループホームの仕事なら
給与はやっぱり高い方が良いですよね?

    そこで注意点は?

    「今の職場や求人票の給与が高い求人先」というのは、就職・転職先を決定する際のとても大きな要素とります。

    ただ、それだけで就職・転職先を決めてしまうと大きな落とし穴が待ち受けていることがあるんです。

    ここであなたに必ずチェックしていただきたい事は、「なぜ給与が上がるのか?」ということです。



    就活グループホーム求人悩み画像

    就職・転職したのはいいけど、残業ばかりで、時給計算したら前職の方が給与が良かった、なんて事もしばしばあります。

    給与アップと引き換えに、今までの生活リズムがメチャクチャに、なんてことが無いように、「給与アップの理由」を必ず確認する事が必須です。

    しかし、給与や労働条件をあなた一人で完璧に確認することは不可能に近いと思いませんか?

    それが、『就職・転職の不安に繋がる』という方が大勢います。

    不安解消の為にコチラの人材紹介会社を使ってみませんか。

    カイゴジョブ申込み


竹田綜合病院/耳鼻咽喉科・呼吸器内科・呼吸器外科・内科受付の詳細

郵便番号 965-0876
住所 福島県会津若松市山鹿町3-27
電話番号 0242-29-1030
MAP ◆位置情報

竹田綜合病院/耳鼻咽喉科・呼吸器内科・呼吸器外科・内科受付と広告は一切関係がありません。

転職する時のキャリア査定

転職をするにあたり自分の市場での価値がどのくらいなのかを知ることは重要です。

もちろん、待遇だけが仕事を選ぶ基準ではありませんのであくまで1つの指標として考えてください。
自分の市場での価値をある程度事前に把握して、あとは自分の納得度合いに応じて活動を進めていくというのが客観的な目を持つという意味で重要になると思います。

次の項目は、各施設の給与相場(全国平均給与)のデータになります。

今のあなたのお給料と比較してみると、全国平均給与より高いのか低いのか、ご自分のキャリア査定の目安にもなると思います。

こんな時は無料サポートがオススメ

  • 未経験だけど介護の仕事を始めたい
  • 初心者だけど希望どおりの転職がしたい
  • はじめての転職で不安がいっぱい
  • 今より条件のいい職場に転職したい
  • 人間関係のいい職場で働きたい
  • 少しでも給与アップを狙いたい
  • 休日や定時後にしっかりプライベートな時間を確保したい
  • 今の職場を円満退職できるかどうか心配

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?