就活グループホーム求人 > 群馬県で就活!有料老人ホーム求人

就職・転職するなら、給与はやっぱり高い方が良いですよね?

    そこで注意点は?

    「今の職場や求人票の給与が高い求人先」というのは、就職・転職先を決定する際のとても大きな要素とります。

    ただ、それだけで就職・転職先を決めてしまうと大きな落とし穴が待ち受けていることがあるんです。

    ここであなたに必ずチェックしていただきたい事は、「なぜ給与が上がるのか?」ということです。



    就活グループホーム求人悩み画像

    就職・転職したのはいいけど、残業ばかりで、時給計算したら前職の方が給与が良かった、なんて事もしばしばあります。

    給与アップと引き換えに、今までの生活リズムがメチャクチャに、なんてことが無いように、「給与アップの理由」を必ず確認する事が必須です。

    しかし、給与や労働条件をあなた一人で完璧に確認することは不可能に近いと思いませんか?

    それが、『就職・転職の不安に繋がる』という方が大勢います。

    不安解消の為にコチラの人材紹介会社を使ってみませんか。

    カイゴジョブ申込み

群馬県で就活!有料老人ホーム求人情報

    日本では今、少子高齢化社会が進み老人福祉施設の建設も多く、民間企業が介護にどんどん参入してきています。

    そういう状況なので、どの都道府県でも介護職の求人割合は他の業種とくらべると高いです。

    また、ホームヘルパーの資格は比較的とりやすく、人気があるという話はよく耳にします。

    老人福祉施設や居宅支援事業所(グループホーム)ではホームヘルパーなしでは成り立ちません。

    それだけ需要があり、必要とされています。

    都道府県別に有効求人倍率をみてみると東京や神奈川など都市部が高くて、地方が低いです。

    やはり地方だと人が集まらないせいかあまり求人が多くないようです。

    または地方のお年寄りの方が長生きで元気なお年寄りが多いのかも知れません。

    しかし、ほかの業種よりもはるかにグループホームの求人は多いですし、これからさらに高齢化が進みますので、将来性のある仕事です。

    お年寄りと接することが好きで世話好きの人には向いている仕事かもしれません。

    そこで、問題なのがグループホームの求人と就活です。

    あなたの就労条件に合ったグループホームはコチラから探す事ができます!

    カイゴジョブ申込み

保有資格と求人の詳細

ご存知の通り、介護の現場は「介護保険法」に従い運営されていますので、実務経験が長くても、適性(性格上向いている)があっても法で定められた資格要件を満たしていないとその業務に就くことができません。
重大な法律違反になってしまいます。
自分を守るため、そしてキャリアUPのためにも改めて『介護の資格』について理解しておきましょう。

保有している資格ごとに求人検索することもできます。


・ヘルパー2級
・ヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
・社会福祉士
・社会福祉主事任用
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・介護事務
・医療事務
・その他・無資格

30秒程度のカンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!


福祉用具専門相談員の勤務先

福祉用具専門相談員 とは

【仕事の内容】
日常的かつ恒常的に使用する用具や、訓練のための用具、装着具についての相談(助言)やコーディネートを行うお仕事

①車いす、特殊ベッドなど、ご利用者ご本人の生活スタイルや住環境に合わせて最適な用具を選ぶための相談に乗り、アドバイスを行う
②用具の使い方、メンテナンスの仕方などのアドバイスを行う
③福祉用具購入やレンタルの際の助成書類作成補助 など

【勤務場所】
居宅・福祉用具販売店・介護老人保健施設(老健)など

【必要な資格】
介護福祉士・社会福祉士・義肢装具士・保健師・看護師・OT・PT・福祉用具専門相談員講習修了者 など

介護士パート求人から読み取れること

介護士パート求人に限らず仕事を探す場合には、ネットで求人サイトを調べたり、ハローワークや求人誌などを見て探すという場合が多いですよね。

フリーペーパーや新聞の求人欄をご覧になる方も多いかも知れません。

それらを見ていると、何度も同じ施設や会社などの求人が出ている場合がありませんか?

「これ前もここの求人が出ていた」と日付が過ぎても頻繁に求人募集がされている場合は、その施設などでの離職率が高い可能性もあるようです。

現在、介護職員はどこも人材が不足している状態ですので、資格が無くても働けるという所も少なくありません。

いわゆる「売り手市場」という状態ですから、求人ニーズの方が高い状況で、転職回数が多くても仕事が見つかる状況なんだそうです。


介護職で勤務するという場合、これからも介護施設などで仕事を続けていこうと考えている場合には、介護職員初任者研修を持っている方が良いですね。

またゆくゆくは正社員になりたいという場合には、介護福祉士の資格を持っていると転職などにも有利になってきます。

実際、介護スタッフとして働きつつ、資格取得のための勉強をされている方も多いです。