就活グループホーム求人 > 広島県で就活!病院求人

就職・転職するなら、給与はやっぱり高い方が良いですよね?

    そこで注意点は?

    「今の職場や求人票の給与が高い求人先」というのは、就職・転職先を決定する際のとても大きな要素とります。

    ただ、それだけで就職・転職先を決めてしまうと大きな落とし穴が待ち受けていることがあるんです。

    ここであなたに必ずチェックしていただきたい事は、「なぜ給与が上がるのか?」ということです。



    就活グループホーム求人悩み画像

    就職・転職したのはいいけど、残業ばかりで、時給計算したら前職の方が給与が良かった、なんて事もしばしばあります。

    給与アップと引き換えに、今までの生活リズムがメチャクチャに、なんてことが無いように、「給与アップの理由」を必ず確認する事が必須です。

    しかし、給与や労働条件をあなた一人で完璧に確認することは不可能に近いと思いませんか?

    それが、『就職・転職の不安に繋がる』という方が大勢います。

    不安解消の為にコチラの人材紹介会社を使ってみませんか。

    カイゴジョブ申込み

広島県で就活!病院求人情報

    日本では今、少子高齢化社会が進み老人福祉施設の建設も多く、民間企業が介護にどんどん参入してきています。

    そういう状況なので、どの都道府県でも介護職の求人割合は他の業種とくらべると高いです。

    また、ホームヘルパーの資格は比較的とりやすく、人気があるという話はよく耳にします。

    老人福祉施設や居宅支援事業所(グループホーム)ではホームヘルパーなしでは成り立ちません。

    それだけ需要があり、必要とされています。

    都道府県別に有効求人倍率をみてみると東京や神奈川など都市部が高くて、地方が低いです。

    やはり地方だと人が集まらないせいかあまり求人が多くないようです。

    または地方のお年寄りの方が長生きで元気なお年寄りが多いのかも知れません。

    しかし、ほかの業種よりもはるかにグループホームの求人は多いですし、これからさらに高齢化が進みますので、将来性のある仕事です。

    お年寄りと接することが好きで世話好きの人には向いている仕事かもしれません。

    そこで、問題なのがグループホームの求人と就活です。

    あなたの就労条件に合ったグループホームはコチラから探す事ができます!

    カイゴジョブ申込み

介護職の転職・採用状況

高齢化が進み、ますます介護士が必要とされています

介護士・ケアマネージャー・ホームヘルパーなど介護の仕事は、高齢者がいるすべての場所で必要になります。

今後、超高齢化が進む中で、介護業界の人材は、地域を問わずニーズのある、将来的にも安定した仕事といえます。

また年齢不問の求人も多いため50歳以上でも働くチャンスがあり、他業種からの転職も年々増えています。

人とふれあい、人を支え、自分自身も人間として成長できるやりがいのある仕事です。

日本のみならず多くの先進国で介護の仕事は需要が高く、介護職に対する求人のニーズはますます増しています。

介護士の売り手市場といわれる今、あなたの理想の高待遇で求人募集をしている介護関連企業がたくさんあります。

今すぐ求人情報を確認してみて下さい!

精神保健福祉相談員の勤務先

精神保健福祉相談員 とは

【仕事の内容】
精神障がい者の社会復帰や社会参加の支援を行うお仕事

①就職活動の助言、職場生活のアドバイスなど各種助言や情報提供を行う
②各種支援事業に関する手続き、地域福祉の計画立案、地域にへの社会復帰プログラムや支援ネットワークの構築
③心神喪失などにより犯罪行為を行ってしまった精神疾患者の社会復帰プログラム作成など
※精神保健福祉相談員は保健所などで働く公務員であるため、公務員試験への合格も必要となるが、求人としては、医療機関、介護・福祉施設からのニーズも増えています。

【勤務場所】
医療機関、自立訓練事業所、ケアセンター、保健所、精神保健福祉センター など

【必要な資格】
精神保健福祉士(国家資格)

無資格未経験の方にオススメ

無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。