就活!看護師・介護士グループホーム求人 > 宮城県で就活!老人保健施設求人看護師・介護士募集

宮城県の介護施設の就活は早めに!

2017年も終わりに近づいて来ましたが、宮城県の就職・転職活動は早めに動いた方が良い就職先を見つける事が出来ます。
年末・年始の準備で忙しいと思いますが、例年、宮城県では来年の1月中旬に、転職・就職活動が活発化します。
今のうちに条件の良い働く場所を見つけておいて、来年正式に就職活動をすることをオススメします。

まず、宮城県の介護施設の求人情報を確認して下さい。
カイゴジョブ申込み

就職・転職するなら、給与はやっぱり高い方が良いですよね?

    そこで注意点は?

    「今の職場や求人票の給与が高い求人先」というのは、就職・転職先を決定する際のとても大きな要素とります。

    ただ、それだけで就職・転職先を決めてしまうと大きな落とし穴が待ち受けていることがあるんです。

    ここであなたに必ずチェックしていただきたい事は、「なぜ給与が上がるのか?」ということです。



    就活グループホーム求人悩み画像

    就職・転職したのはいいけど、残業ばかりで、時給計算したら前職の方が給与が良かった、なんて事もしばしばあります。

    給与アップと引き換えに、今までの生活リズムがメチャクチャに、なんてことが無いように、「給与アップの理由」を必ず確認する事が必須です。

    しかし、給与や労働条件をあなた一人で完璧に確認することは不可能に近いと思いませんか?

    それが、『就職・転職の不安に繋がる』という方が大勢います。

    不安解消の為にコチラの人材紹介会社を使ってみませんか。

    カイゴジョブ申込み

宮城県で就活!老人保健施設求人情報

    日本では今、少子高齢化社会が進み老人福祉施設の建設も多く、民間企業が介護にどんどん参入してきています。

    そういう状況なので、どの都道府県でも介護職の求人割合は他の業種とくらべると高いです。

    また、ホームヘルパーの資格は比較的とりやすく、人気があるという話はよく耳にします。

    老人福祉施設や居宅支援事業所(グループホーム)ではホームヘルパーなしでは成り立ちません。

    それだけ需要があり、必要とされています。

    都道府県別に有効求人倍率をみてみると東京や神奈川など都市部が高くて、地方が低いです。

    やはり地方だと人が集まらないせいかあまり求人が多くないようです。

    または地方のお年寄りの方が長生きで元気なお年寄りが多いのかも知れません。

    しかし、ほかの業種よりもはるかにグループホームの求人は多いですし、これからさらに高齢化が進みますので、将来性のある仕事です。

    お年寄りと接することが好きで世話好きの人には向いている仕事かもしれません。

    そこで、問題なのがグループホームの求人と就活です。

    あなたの就労条件に合ったグループホームはコチラから探す事ができます!

    カイゴジョブ申込み

介護施設転職情報の詳細はコチラ

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報を随時案内してくれる「転職サポート」は、介護士の3人に1人が登録済という人気転職サイトです。

介護施設への転職については、1施設ごとの求人数が多いわけではありませんから、募集のタイミングでうまく情報をキャッチすることが希望の介護施設への転職には欠かせません。

介護施設への転職を希望されているのであれば、まず「転職サポートサイト」に登録して、転職に有利になる様々な情報を入手しておいてくださいね。



介護施設転職情報の詳細はコチラ


職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

介護施設転職情報をこまめにチェックして、希望の転職を実現していきましょう!


老人福祉施設における介護士求人状況

高齢化社会が進む中で、介護の問題はさけては通れません。

少子高齢化により、高齢者の数が年々増え、施設がたくさんでき、それを担う介護士の数も不足がちです。

これから日本の10年20年後の将来には今の2倍以上の介護職員が必要であるという試算がだされています。

介護士求人はどの都道府県でも他の業種と比較すると多いほうです。

また、都道府県別に比較すると介護士求人の有効求人倍率はやはり首都圏で高い傾向にあり、北海道や東北、九州は低いです。

老人福祉施設における介護士の役割は非常に大きく仕事は大変ですが、そのぶんお年寄りやそのご家族から感謝されとてもやりがいのある仕事です。

ほかの業種より求人が多いので転職するする際も自分の合ったところをいろいろ選べますし、有利に展開できると思います。

あとは、根気よくがんばれば、努力は報われますし、何よりもお年寄りと接することが好きな人やコミュニケーション能力が高い人が向いていると思います。

介護職に派遣で働いています!

介護職派遣求人を探している方の多くが、育児・子育てや親の介護などを理由にフルタイムで働けない状況にあります。
中には、ご自分の資格取得やキャリアアップのための時間を捻出するために、一定期間は働く時間をセーブしたいというケースもあります。
それでも「働きたい」「稼ぎたい」という気持ちが強いからこそ、「派遣」という形で働くことを選択されています。

介護の現場で「派遣」として働いている先輩たちの生の声・体験談をご紹介します。

介護職の派遣で働いています!◆子供中心の生活を守りながら、進学費用にも備えたかったんです
中学生の息子が二人います。今後、二人が進学していくことを考えるとお金は貯めたい。でも、部活に受験にと、毎日、子供たちのことに追われる日々で、社員として働くのは無理・・・。
そこで介護専門の転職サービスに相談したのですが、出産前に働いていたキャリアを認めてくれて、いくつかの施設を好条件で紹介してくれました。
今、お仕事しているのはデイサービスなので、夜勤もなく、シフト制で土日にも休みが取れます。
こんなに融通が聞くのに、給与がしっかり常勤並みにもらえるので、お金の不安が解消されて、本当によかったです。
子供の塾の費用や受験にかかる費用も順調に貯金できるようになり、「派遣」を選択して本当によかったです。

◆介護との両立には、派遣の日勤がすごく便利でした!
最近、父の介護が必要になりました。姉も協力してくれますが、姉はお店をやっているのと、3人の子育てであまり関われません。私も収入が必要なので働かないわけにはいかず、介護専門の派遣を紹介してくれるところに登録してみました。
担当者さんがすごく親身になって私の話を聞いてくれて、派遣を決めるときにも心強かったです。
担当者さんとよく話し合い、週4日の日勤のみの有料老人ホームを紹介してもらいました。派遣契約でしっかり帰れるので安心です。元気な高齢者の方が多く、今は仕事が介護の気分転換になっています。

◆初めての業種だから自分に合う施設形態を探せてよかったです。
ずっと勤めていた会社を退職。これからは介護だと思い、ヘルパーの資格を習得しました。でも、いざ働くとなると、色々な施設形態があり、“自分には何が合うのか”がわかりませんでした。
派遣という働き方は、さまざまな職場にトライできるのがいいところ。個人での転職活動は情報収集したり条件交渉したりと何かと面倒だと思いますが、介護専門の転職サービスに紹介してもらうので、仕事探しがすごくスムーズにできました。
いろんなタイプの施設で経験を積み、今は特養に絞りました。同じ特養でも施設によって雰囲気がかなり違うのが面白くて、今は派遣で色んな職場で働いていきたいと思っています。