就活グループホーム求人 > 岡山県で就活!特別養護老人ホーム求人

就職・転職するなら、給与はやっぱり高い方が良いですよね?

    そこで注意点は?

    「今の職場や求人票の給与が高い求人先」というのは、就職・転職先を決定する際のとても大きな要素とります。

    ただ、それだけで就職・転職先を決めてしまうと大きな落とし穴が待ち受けていることがあるんです。

    ここであなたに必ずチェックしていただきたい事は、「なぜ給与が上がるのか?」ということです。



    就活グループホーム求人悩み画像

    就職・転職したのはいいけど、残業ばかりで、時給計算したら前職の方が給与が良かった、なんて事もしばしばあります。

    給与アップと引き換えに、今までの生活リズムがメチャクチャに、なんてことが無いように、「給与アップの理由」を必ず確認する事が必須です。

    しかし、給与や労働条件をあなた一人で完璧に確認することは不可能に近いと思いませんか?

    それが、『就職・転職の不安に繋がる』という方が大勢います。

    不安解消の為にコチラの人材紹介会社を使ってみませんか。

    カイゴジョブ申込み

岡山県で就活!特別養護老人ホーム求人情報

    日本では今、少子高齢化社会が進み老人福祉施設の建設も多く、民間企業が介護にどんどん参入してきています。

    そういう状況なので、どの都道府県でも介護職の求人割合は他の業種とくらべると高いです。

    また、ホームヘルパーの資格は比較的とりやすく、人気があるという話はよく耳にします。

    老人福祉施設や居宅支援事業所(グループホーム)ではホームヘルパーなしでは成り立ちません。

    それだけ需要があり、必要とされています。

    都道府県別に有効求人倍率をみてみると東京や神奈川など都市部が高くて、地方が低いです。

    やはり地方だと人が集まらないせいかあまり求人が多くないようです。

    または地方のお年寄りの方が長生きで元気なお年寄りが多いのかも知れません。

    しかし、ほかの業種よりもはるかにグループホームの求人は多いですし、これからさらに高齢化が進みますので、将来性のある仕事です。

    お年寄りと接することが好きで世話好きの人には向いている仕事かもしれません。

    そこで、問題なのがグループホームの求人と就活です。

    あなたの就労条件に合ったグループホームはコチラから探す事ができます!

    カイゴジョブ申込み

介護職へ転職・就職を考えたら

介護職へ転職・就職しようとお考えのあなた・・
保有資格を最大限にいかせる介護施設はどこでしょう

◇ヘルパー
◇ケアマネジャー
◇サービス提供責任者
◇生活相談員
◇介護事務
◇機能訓練指導員(PT/OTなど)
◇管理栄養士
◇送迎ドライバー
◇介護福祉士
◇実務者研修
◇社会福祉主事任用
◇児童発達支援管理責任者
◇資格を保有していない

無資格でも安心してください。大丈夫です。

介護の資格をお持ちの方は、その資格を最大限に活かせる介護施設で働きたいですよね。

その希望を満たす求人情報を提供してくれるのは、転職支援サイトです。

介護業界の転職を専門としたエージェントに、資格や経験、あるいは、資格がないこと・未経験であることを詳しく話すことで、あたなにぴったりの求人情報を提供してくもらうことができます。

希望する働き方は?

◇正社員
◇契約社員
◇派遣
◇パート・アルバイト
◇どうしようか迷っている

安心してください。迷っていることを気軽に相談してください。

☆今までは正社員だったけど、子供がまだ小さいうちはパート・アルバイトで働きたい。
☆今は派遣で働いているけど、正社員で採用してくれる介護施設を探している
☆自分のベストな働き方が分からない。どんな働き方ができるのか、教えてほしい。

転職や就職を後悔したくないので、悩んでしまいますよね。

そんな時は、介護業界の転職に詳しい専門家に相談するのが一番安心できます。

今お持ちの悩み、相談を全て打ち明けて、納得してから就職・転職活動した方が後悔がありません。

せっかくの転職・就職です。
10年・20年先を見据えて、あなたのキャリアアップを叶える転職・就職にしましょう。

ケアマネジャー(介護支援専門員)のお仕事

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
同じ施設で働く仲間がどんな仕事をしているのかを知っておくことで、よりスムーズに業務が進みます。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは、正式には「介護支援専門員」といいます。

専門的な立場から、「ケアを受ける側」と「ケアを提供する事業者」の間に立ち、個々のケースを理解しつつ諸事情を検討した上で、ケアプランの作成を行います。

事業者によるサービスが適切に提供されているかなども定期的に検証し、必要に応じて見直しを行うなど、いわば介護のコーディネーター的な役割です。

専門知識の他に、簡単な文章や表が作れるようなパソコンのスキル、さらにはご自宅や施設などを訪問する機会が多いので運転免許があれば望ましいです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得するためには、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、医師、保健師、看護師、作業・理学療法士等の業務従事者、もしくは介護業務従事者として指定日数従事した人が介護保険、保健医療、福祉分野の受講試験に合格して実務研修終了した後に、都道府県から資格登録されてはじめてなることができます。

未経験でも雇用をしてもらえるのか?

人の役に立ちたい仕事に就きたいと考えている方は、介護士の仕事を候補にする方も多いと思います。

介護の仕事は、ニュースや新聞などでも連日のように報道されていることからお分かりのように、人手が足りないところが多く介護士の求人も沢山あります。

介護の仕事と言っても、実は幅が非常に広く勤務場所などもさまざまです。

例えば、老人介護施設といって、高齢者の方を24時間お世話しているところであったり、介護を必要とされる自宅に出向いて、家事などのお手伝いをする訪問介護の仕事、昼間だけ高齢者の方をお預かりして、入浴などのサービスを行うデイサービスなどです。

未経験でも雇用をしてもらえるのか、資格がなくても働けるのか、求人情報を掲載しています。